夏休み工作 四恩学園の子ども達と本棚DIY ワークショップ

子ども達と本棚DIY ワークショップ

2017〜夏〜 ながやRの船長として一発目のDIYワークショップへ出航。

夏休みDIYワークショップ

夏休みの子ども達に「つくるを楽しく」を伝えるべく、ながやRの船長は大阪市天王寺区にある、四恩学園で夏休みDIYワークショップをやってきました。

夏休みに本棚と黒板 DIY体験

子ども達に、夏休みに「モノづくり体験」をしてもらって夏休みひとつの思い出になるようにのこぎり、金槌、さしがね、塗料を使って本棚・黒板DIYを体験してもらいました。

のこぎり

今の子どもたちはのこぎりや、金槌を使ったことがないのかなと思ったのですが、男女10人中(小学生低学年から中学生)8人は実際に使って、モノを作ったことがあり、中には工作部の子もいてのこぎりを上手に使う姿は頼もしかったです。

差し金

このワークショップのテーマは、とにかく子ども達が楽しくつくること、では、楽しくつくるには当然道具の使い方の基礎を知らないと楽しめないので基礎だけ伝えてあとは、こういう時はどうしたらいいのか?を子ども達が自分で考えてつくるスタンスでワークショップを進めました。

子どもDIY

ノコギリの使い方をマスターしたと言いながら、余った端材を何個も何個も切っては「ブロック」やねん!または「ベイブレード」置きにするとかノコギリで切って今あるもので何が出来るか楽しんでいました。

子ども達お待ちかねペンキで色ぬり体験

子ども達は、ノコギリや金槌は使ったことがある子が多かったですが、ペンキで塗装を体験したことのある子は少なく若干ノコギリのカットにも飽きていて、塗装が待ちきれない様子で今回のワークショップで一番盛り上がっていました。

子どもペンキ塗り体験

塗料を薄めにして木目を活かした仕上がりにしたいと言ってこだわり派の子もいました。

子どもペンキ塗り体験 完成

今回、子ども達は考えて行動し、またはペアの子と協力したり、高学年の子がフォローしたり短い時間の中でモノづくりを通じて「楽しく」成長する姿も見れて教える側も楽しくできたワークショップでした。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

ABOUTこの記事をかいた人

ながやR

ながやRは「自分たちでリノベーションしたながや と 魅力ある商品の販売」を通して「つくるを楽しく」の集まる場所をつくっていきます。 実際にリノベーションしたながやを公開しながら、自分たちでオリジナリティ溢れる空間をつくる可能性を感じてもらい、4つのR(Renovation,Reverses,Revival,Reuse)の魅力を伝えていきます。